本文へスキップ

保育内容program

カトリックさゆり幼稚園の特色

一日の生活イメージ

カトリックさゆり幼稚園は、運営母体であるカトリック守護の天使の姉妹修道会の教育方針に沿って、
園と、家庭が一体となって幼児の基本的生活習慣と、望ましい人間形成の基礎づくりを温かい
宗教的雰囲気の中で育成することを目的としています。
『素直な心』を育成し、自主性を持って正しい行動を選び、最後まで
『がんばる』という事を強調し、その達成に全力をそそぐことです。


保育目標

体験学習イメージ

・楽しんで幼稚園に登園する。
・基本的生活習慣を身につける。
・日常生活に必要なあいさつ、返事を自分から積極的にする。
 (おはようございます・さようなら・いただきます・ごちそうさま
  ありがとうございます・ごめんなさい など)
・友達と協力して遊ぶ楽しさを知る。
・神様の愛を知り、感謝の心を育てる。
 (お祈り・聖歌・宗教的なお話を通して宗教的情操を養う)
・善悪の判断を教え、けじめをつけ、良心の育成をはかる。
・神様から頂いたお恵みに感謝し、心身を丈夫に育てる。
 (食べ物の好き嫌いをなくすよう、少しずつ努力する)
・人の話を最後までしっかり聞く。
・話をする時は、相手の目を見て話せるようにする。
・わがままを言わず、我慢する事のできる意思力を育てる。
・どんな事でも最後まで頑張ってやり遂げる力を身につける。
・自分の考えで行動し、今、何をする時かを、子ども自ら判断する力 を養う。
・友達とのかかわりの中から、思いやりの心を育てる。
・自然の恵み、身近にかかわる人々に感謝の気持ちを持つ。
・将来、どんな試練にも立ち向かい、耐えていく「生きる力」を養う。


カトリック幼稚園とは・・・

英語学習イメージ

   〜カトリック教育が伝えるのは神さまの愛です〜
 私達一人ひとりは、この世に必要とされ、世界に二人とないかけがえのないわたしとして生を受け、
産まれてきます。両親の大きな愛、保育者のやさしさ、友達の思いやりを通して、神さまに愛されてる
喜びを感じ、生命の尊さ、大切さを知り、一人の人として認められ、受け入れられることによって、
大きく育ちます。
 神さまから託された、子ども達一人ひとりを大切に、結果を求めることを急ぐのではなく、
今、種をまくことが、将来、実を結ぶという希望のもとに、教育していきます。
神さまが見守って下さっているという安心感のもとで、両親、先生に愛されている確信を育て、
そのような環境、出会いの中で他者への思いやり、感謝する心を培っていくことを目標としています。